新築マンションへの不動産投資について

新築マンションへの不動産投資とは、「マンションを買い、そのマンションを賃貸して家賃収入を得ること」を指します。
これは、「マンション投資」もしくは「マンション経営」とも呼ばれています。
マンション経営と聞くと、建物を丸ごと買うことをイメージする人が多いと思いますが、たとえ一室でもれっきとしたマンション経営なのです。
昨今は超低金利が続いており、金融商品で資産を作ることはかなり困難になっています。
しかし、マンション経営の場合は、立地の選定などリスクヘッジさえしっかり行っておけば、安定した資産形成が可能になります。
たとえ一室だけのマンション経営であっても、家賃収入さえきっちり入って来ればローンを組んでいても返済して行けるので、頭金があまりなくても始めることが可能です。
また、物件にもよりますが、評価が高い物であれば、総額の95%くらいまでの融資を受けることもできたりします。
それはつまり、金融機関がそれだけの価値があると評価しているということなので、安心感も得やすいといえます。